前へ
次へ

離婚裁判で財産分与を争う場合

夫婦の仲が悪い場合には、離婚に発展することも少なくないでしょう。もし離婚に発展した場合には、何らかの対策を取っておく必要があります。通常であれば、当事者間で話し合うことで解決すいますが、お金の関係などになるとすぐに解決できる訳ではありません。財産分与に関しては、離婚裁判に持ち越される可能性が高いです。つまり当事者だけの話し合いや調停などで話し合ったとしてもうまくまとまらないこともあるわけです。もし、うまくまとまらず離婚裁判をした場合には可能な限り、財産分与の割合と方法を相手方に提示しておくことが重要になります。この部分が決まっているかどうかで裁判が長引くかどうかが変わってくるからです。これを提示することにより、相手方が納得すればその方法で行われますので無駄に裁判に時間をかけることもなくなります。もちろん和解をするなどの方法もあり、短めに裁判を終わらせることもできますので、よく検討しておくことが重要になります。

Page Top