前へ
次へ

離婚裁判で和解を申し入れる

離婚裁判の場合には、時間がかかることで有名です。日本の司法制度から考えると、裁判が終わるまで2カ月から3カ月程度かかってしまうのは仕方のないことかもしれません。これは、単純に裁判官が足らないことが理由の一つになっています。一人の裁判官が同時にいくつもの事件を掛け持ちしているため、遅くなっても仕方がないことかもしれません。だからといって、司法制度が改革されるまで待っているわけにはいきません。それより自ら行動を起こして離婚裁判が終わる前に終わらせるのも一つの方法と言えます。なぜ早く終わらせるかといえば、その分だけ弁護士費用がかかってしまうからです。半年から1年もかかると相当なお金がかかってしまうと考えられます。これを避けるためには、和解をするのが一番でしょう。和解は、和解の募集をすることで判決を待たずに決着をつける方法です。当然判決は出ませんので勝ち負けはありませんが、ある程度妥協できる場合には和解をすることで短く終わらせることが可能です。

Page Top