前へ
次へ

離婚裁判で弁護士に依頼する場合は

夫婦間で離婚に結びつく場合には、何らかの対応策を考えなければいけません。基本的には話し合いをすることで解決することにつながりますが、それでもダメならば離婚裁判をするといった方法もあります。離婚裁判をする場合には、通常当事者だけでできるものではありません。もちろん法律は当事者間だけでできることもありますが、実際には代理人を利用した裁判をするのが通常になります。代理人とは弁護士のことを意味しますので、どこかの弁護士にお願いをして裁判に出てもらうしかありません。裁判に出る場合には、自分自身で裁判所に行っても良いですが、完全に弁護士に任せてしまうのも1つの方法と言えるでしょう。この場合の費用は、着手金と成功報酬が概ね合わせて30万円からそれ以上の金額になることがほとんどです。ただ、裁判をして失敗した場合には成功報酬を支払う必要はありません。当然成功するためには、良い弁護士を選ぶことが重要になるでしょう。

Page Top