前へ
次へ

離婚裁判って、どんなもの

日本では、最も多い離婚の方法は協議離婚です。これは、夫婦が話し合い合意して離婚をするものです。協議による合意ができなければ、家庭裁判所の離婚調停制度を利用することができます。そして、調停によっても離婚の合意が得られなかった場合、離婚裁判を起こして離婚を請求することになります。日本では、離婚裁判を起こすには、原則として事前に離婚調停を経ている必要があります(調停前置主義)。また、裁判による離婚には、「法定離婚事由」という民法が定める離婚理由があることも必要です。離婚調停や離婚裁判は個人でも起こすことができますが、特に裁判となると厳格な手続きが定められており、法律の知識も必要となることから、素人では対応が難しくなるでしょう。その場合、弁護士に依頼することになります。弁護士に依頼すれば、裁判上の手続きはもちろん行ってもらえますし、こちらの主張や要求も通りやすくなると言えますが、当然、費用もかかります。離婚するためにどのような方法を選ぶかはケースバイケースですので、相手の対応や離婚条件を踏まえて判断することになります。弁護士は相談だけでも対応してくれますので、まずは相談に行ってみるのも良いのではないでしょうか。

Page Top